FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修羅の国G1へ

前回G2初優勝の記事を書きましたが、それ以降もG2大会に出続け

初優勝してからはだいぶ気がいい感じに抜けたのか

入賞や準優勝、そして優勝とたまーに出来るようになり、

迎えたG2第三クールにて初めて優勝リーチが出ましたヽ(*´∀`)ノ

が、しかしなかなかそううまいこと優勝できることもないので

リセットを繰り返しつつチャンスを待つ展開に。

そして迎えた第五クール

初戦で優勝、2戦目も優勝とここでいきなり優勝リーチに!

しかしそこから緊張のせいかまたうまくいかない大会が続きましたが・・・


あきらめの境地ででた

ハーベB中級ラフ+2大会にて

MGphoto_1.jpg

きましたああヽ(*´∀`)ノ

57戦目で第五クール3勝目を果たしまして

MGphoto_7.jpg

ついに修羅の集まりG1へと昇格を果たしました。

わたしが昇格した時点で、G1大会はたまーにですが開催されており、

難民化することもなく戦場を移していきます。
スポンサーサイト

メープル 1オン編 14H

背中の痛みに耐えかねて医者にいったら

肋間神経痛と診断されたがぶにゃんです(´・ω・`)ノ


そんな私事は置いておいて、さくっといきます1オン編


今回はメープル最後の1オンホール

メープル14Hです

1オンを狙うにあたり注意することが2点。

一つは、グリーン手前の木

もう一つは風車です

一応多分に運の要素が絡みますがR,Bとも1オンが可能です。

まずRティーの場合

Rティの場合はピン位置によって狙い場所がかわりますので

2パターンの説明を。

グリーンの手前にピンがある場合

maple14hole.jpg


mapler14hole1.jpg

わかりずらいですが黄色囲みのところへめがけて打ちます。

亀はまだいいですが、ウサギをだすと途中の風車の羽にあたることがありますので

注意してください。

パワーはだいたい300y前後が目安です。

しかしながらJIしてもパワーをうまく合わせれても

木に当たることもありますので、運の要素も若干あります。

ラフキックがうまいこといけばベタピンもあります(´∀`)

フェードはSBS、ドローは斜め左下サイドバックスピンがオススメです


つづいて奥ピンの場合

mapler14hole2.jpg

こちらは少しだけ難易度が下がりまして、木の心配が減ってます

黄色の囲みあたりにおとすとうまくキックして転がります。

が、ぶれると砂に捕まるのでSJIを狙っていきましょう。

パワーは315y前後です


では、Bティーの場合

こちらはまず前提条件として、マックス限定 337yEX必須 かつフォローの風(2m以上)

これだけの要素が必要ですので、

普段マックスを使わない人には無理になっております(´Д`;)ヾ

グリーンに乗せるので精一杯なので、

現実的に◎を狙えるのは手前ピンの時のみです。

mapleb14hole1.jpg

狙うポイントは左右逆転してるだけで同じです。

黄色囲みのところにめがけて打ちましょう。

乗せるのが至難のわざなので無理をしないで

刻むことをオススメしますが(´Д`;)ヾ

パワーは前述の通り337yです。


次回はかぐら編になります( ゜д゜)ノ

メープル 1オン編 10H

リアルで背中に痛みを覚えて寝不足に

陥ってるがぶにゃんです( ゜д゜)ノイタイヨ

さて、今回はメープル10H

ここはRのみ1オンが狙えます。

mapler10hole1.jpg

黄色の○囲みあたりを狙うのが一番乗せやすいです。

気を付ける点としましては手前の

それとラフのところどころにあるブッシュです

あと、

mapler10hole2.jpg

グリーン手前にあるコブです

ここに当たると変なところに飛ぶか、跳ね返されるので

ここは避けて狙うようにしましょう。

目安パワーは325y前後です

SBSがおすすめです。

必要飛距離の関係で、1オンを狙えるのは

ほぼ上級キャラのみになってます。

初級・中級は無理せず刻みに行きましょう( ゜д゜)ノ

舞台は戦国G2

前回G2への昇格を書きましたので今回はG2模様を。


G2に上がってまずしたことは

ロビーアクションの堪能です(*'-')♪

壁蹴りにバク宙を堪能しまくりました(´∀`)


一通り遊び終わっていざ戦国G2に参戦です('Д')


第一クール 10戦 準1入2 Σ(゜д゜lll)

レベルの高さもさることながら周りの人のミスの少なさ

にまず驚かされます。

それがプレッシャーになりわたしがミスが増えるという

悪循環にハマリまして・・・

9戦終了時は入2でさすがに降格かなと思ってましたが(´Д`;)ヾ

最終10戦目で奇跡の準優勝でなんとか残留ヽ(゜ー゜;)ノ


雰囲気に慣れる慣れない以前にプレッシャーに負けないことが

大事だなとおもいました。\平常心/

そしてちょと落ち着きを手に入れまして、

第二クール19戦目にて

MGphoto_3.jpg

G2初優勝できましたああ(´∀`)

18H大会は長くてしんどいですが

若干のミスは取り戻せる可能性もあるので

個人的には好きです(*'-')


今もなかなかG2大会満員にならないみたいですが、

大会数が増えすぎたせいなのか、棲み分けが進んでないのか

まだなんともいえませんね(´Д`;)ヾ

メープル 1オン編 6H

本日はメープル6H~(´∀`)

このホールはリスクはそこまで高くありませんが、

運の要素が高いので勝負をかけて狙いに行くには

なかなか厳しいホールです(´Д`;)ヾ

一応運任せですがR,Bともに1オンは可能です。


Rティの場合

maple6hole1.jpg

まず、最初の画像の○囲みのように2本の木の間を

通さないといけません。

ストレート系のキャラは狙いやすいですがクセ球餅の場合は

ティーの位置を左右に動かして狙いやすいところを選んでください。

ドローなら左端フェードは右端が狙いやすいです。

maple6hole2.jpg

落としどころは画像の赤○の当たりがいいです。

そこらへんに落とすように打つことでうまいことカートウェイに乗って

転がりやすいです。

SBS系がいいと思いますが、サイドバックスピンあたりが

一番転がりがうまいこといきやすいように感じます。

正直JIしてもブレただけでうまくいきませんし、

JIしても狙い位置しだいで最悪アンプレもありますので、

ピン位置がグリーンの左側にあって、

かつどうしてもというとき以外は狙わなくてもいいんじゃないかなと(´Д`;)ヾ

パワーは295y前後がいいと思います。


Bティーの場合

maple6holeb1.jpg

こちらはさらに難易度が上がります。

2本の木の間隔が狭くなっているためです(´Д`;)ヾ

ティーグランドの位置が悪いせいなのですが(´・ω・`)

ティー位置を微調整して狙いやすい位置を探してみてください。

maple6holeb2.jpg

風にもよりますが、私が1オンに成功したのは

赤○の箇所に落としたときです。

左の方はSBS、右はサイドバックスピンです。

ここも多分に運が絡みますのでピンが右にあるとき以外は

無理をしない方がいいかなと思います(´Д`;)ヾ

パワーは310y前後

スピンなしで打つ場合は330y前後でも

乗ることがあるようです(*'-')

メープル 1オン編 4H

らてさんの情報によりますと、
昨日ついにみんごる6初のG0昇格者が誕生したらしいですね('Д')

グレード制が始まってわずか2週間足らずで誕生はすごいです。

おめでとうございますー(*゜ー゜)



さて、前回に引き続きまして1オン編です。

こんかいはメープル4H

ティーグランドとグリーンの間に風車と建物がある

実にいやらしいホールになってます。

が、距離が比較的短いのでR,Bともに1オンは可能です。

まずRティーですが

mapler4hole.jpg

○囲みのどちらからでも1オンを狙うことが可能です。

ピン位置が手前の時は右側奥なら左が無難です。

ここで注意したいのが、

左右どちらから攻める場合も風車の羽に当たり判定があることです。

タイミングを見計らわないと羽にガンッと当たります(´Д`;)ヾ

左から攻める場合は羽に当たっても砂かラフでまだ生き残れますが、

右側から攻めた場合は確実にOBとなりますので注意が必要です。

また右側から攻める場合、

風車を気にして避けすぎて建物に当たることもあります。

建物に当たってもほぼOBとなるので使用キャラがどの程度サイドスピンで

曲がるのか軌道を理解しておく必要があります。

風車の羽は、画像のようにちょうど×

位置あたりになったときにショットを始めると

当たらないことが多いです。

タイミングパワー調節、さらにJI3重のプレッシャー

乗り越えた先に1オンがありますのでかなりハイリスクなホールになっています

Rティーの場合、

手前ピンですと275y前後、奥ピンですと300y前後

が目安になります。バックスピン系がお勧めです。

さらに、手前ピンの場合は265y前後で風車と建物のあいだのカートを利用した

反射オンも可能です。

こちらを狙う場合はトップスピン系で攻めましょう。


次にBティーの場合

mapleb4hole.jpg

こちらも左右どちらからも1オンは可能です。

注意点もRティーと同様です。

手前ピンで290y前後。奥ピンですと315y前後が必要になります。

反射オンを狙う場合285y前後が目安です。

Bティーになると初級キャラでは1オンは厳しくなってますので、

安全にバーディーねらいでいくのが良いかと思います。




メープル 1オン編 1H

パー4で1オンをするということは

ハイリスクハイリターンの戦術

しかしながら成功すれば大きいのでリアル大会などでは

チャレンジャーが非常におおいです。

わたしもいけると判断すればいきますが・・・

大抵コケます\(^-^)/



まずはじめはこちら

(黄色○は普通に狙う際、オレンジ○は別の狙い方をする場合になってます)

メープル

1番最初のコースということもあるのか距離が短いホールが多いので

比較的1オンが可能な所もおおいです。


まず1H

このホールはローリスクハイリターンなホールになってますので

失敗を恐れずに積極的に1オンを狙っていきましょう。

R,Bともに1オンが可能です。

Rティーの場合

mapler1hole.jpg


ピン位置にもよりますが290y前後飛ばせればどのキャラでも1オンが

可能になっています。

打ちおろしであることと、グリーン手前のフェアウェイが起伏が激しいので

SBSを推奨です。

ピンをデッドに狙うには起伏もきっちり見ないといけないので

難しいですが、その場合はグリーン中央あたりを狙うようにすると

いいと思います。

中央あたりの乗せれるとパットは距離があってもラインが簡単なことが多いです。


また別の狙い方として岩肌を使用した反射オンを狙うことも可能です。

ピン位置が中央あたりにある場合は、こちらを使うほうが

反射オンでボーナスptもあるのでお得です。

だいたい中央あたりに転がって止まります。

だいたい295yほどあると成功率がグッとあがります。


Bティーの場合

mapleB1hole.jpg

こちらも普通に攻めても、反射を使っても狙えます。

普通に攻める場合は300y前後が必要です。

反射を使う場合は305y前後を目安に。



このホールの場合は、もし1オンに失敗しても諦めないように。

ショートチップは十分狙えますので最後まで集中です(*'-')






反省会

絶賛みんごる6にハマり中のがぶにゃんですが、

今回はちょと趣向の違うお話。

とはいっても内容はみんごる6でのことなのですが。


グレード制や対戦部屋、新デイリーが始まって

みんごる6が大いに楽しくなっているところ。

しらずしらずのうちに変わっていってたのかもしれません。


そんな折、優しいフレさんから同時期に複数ご指摘を頂いたことがありますので

ここに書きたいと思います。

内容は面白い話でも笑える話でもないので

興味がある方だけ続きをお読みください。



続きを読む

G3からG2へ

前回の記事にてG3初優勝と最初の10戦の結果を書きましたが、

11戦~20戦においてG2へと昇格できましたので

その結果を( ゜д゜)ノ

MGphoto_20120516114940.jpg

12戦目に出た屈指のまぞれぎゅ大会で優勝ヽ(*´∀`)ノ

レガB 初級限定 スピン不可((((;゜Д゜)))

オーバーパーでも入賞という大荒れの大会にΣ(・ω・`;)

2つ目のパー3でOBボギー以外を耐えしのいで優勝('Д')

昔の過疎時代には開催されないであろう大会でも開催されたのは

やはりグレード制が始まったおかげですねw

これで気をよくしたのか、優勝は以降もないものの

安定して入賞以上をキープすることができて

18戦目に準優勝して入賞で昇格リーチがかかり

19戦目に入賞を果たしまして、優1準2入5の30ptでG2へ昇格。

G3滞在期間は19戦で、可もなく不可もなくというところですかねΣ(・ω・`;)

早い人は最短の3戦3勝で上がってる方もいるのでそれはそれで

次元の違う話ですがw

現在のG3の全成績は

19戦 優 勝率21%弱 圏内率79%

最初期に戦っている割に安定感があったかなと(´∀`)

初級キャラの大会ばっかだったのでハイリスクを求めることが

少なくて済んだのが大きいかもしれないですね。

その分1ミスで大幅に順位を下げるのでなるべく後半のコースに

参戦してたっていうのもあるのですがw

そんなこんなでフレも多数参戦してた

戦国G2へと舞台を移しますヽ(`Д´)ノヤッタルドーーー

G3 大会

5/7のver1.04が配信されてからは

もうそれはいぱいG3大会に参加しました。

最初は10戦でptがリセットされるとか

圏内でptがどのくらいだとかわからないまま

とにかく活気あるみんごるを楽しんでましてw

結果は10戦して優1準2入4の28ptで残留Σ(・ω・`;)

しかも10戦目に初優勝しましたのでリーチフラグすらなかったですΣ(゜д゜lll)

これが記念すべきG3初優勝のとき

MGphoto_4_20120514121750.jpg

ハーベストR OUT ラフ+1 カレン限定

3,4Hは1オンも可能でしたがラフペナあるので刻みに(´Д`;)ヾ

結果10pt差で辛くも逃げ切りです(´ー`)

まだG3にも猛者がいぱいいるころだったのでうれしかったです(´∀`)

グレード制について

グレード制はGF G4 G3 G2 G1 G0 の各5段階


各グレードには昇格・降格ポイントが決められており、

昇格は規定ポイントに達した時点で

降格は10戦毎に判定があります

現在わかっている情報では

G4
・優勝3pt 準優勝2pt 入賞1pt
・累計でのみ計算されポイントリセットはない模様
・合計5ptでG3へ昇格

G3
・優勝10pt 準優勝5pt 入賞2pt
・10戦毎にポイントリセット
・5pt以下でG4へ降格
・30pt以上でG2へ昇格
・6~29ptで残留

G2
・優勝10pt 準優勝5pt 入賞2pt
・10戦毎にポイントリセット
・6pt以下でG3へ降格
・30ptでG1昇格
・7~29ptで残留

G1
詳細不明

G0
詳細不明


わかり次第随時更新予定


レガシー実践編(16~18H)

本日でいよいよレガシーホール別攻略は一時終了です。

では早速いきましょう( ゜д゜)ノ

16H
16hole1dame.jpg

このロングホールは上級キャラならばできれば◎を取りに行きたいところですが

確実に○をとれるようになりましょう。

難易度は高くありません。

まず1打目は画像のように池の横のフェアウェイを狙いましょう。

もし2オンを狙うのであれば画像の左奥、池の奥に290y程で

かっ飛ばせばいけます。

330y以上飛ばせるのであればさらにショートカットも可能ですが、

OBやラフに行く可能性もありますので、勝負に出るとき以外は

狙わなくてもいいかなと。

16hole2dame.jpg

刻む前提で話を進めると画像の位置あたりに落とすのが良いと思います。

崖上をならってもいいのですが、打ち上げですので

載らない場合、崖の際に落ちると大惨事なので無理はしないように。

16hole3dame.jpg

2打目をさっきのところに落とせば多少の打ち上げが残りますが

番手が低いのであまりきにすることはありません。

ベタピンを狙いましょう。

16hole4dame.jpg

パットもそこまで難しくありませんので、確実にここは決めましょう。

17H

17hole1dame.jpg

このHは1打目がとにかく注意です。

目の前に岩があり当たるととんでもないことになるので、

かならず避けてください。

池やなんかよくわからないところにハマって大たたきもありえますので

ほんと注意です((((;゜Д゜)))

3WEXが一番無難だと思います。

17hole2dame.jpg

セカンドは15Hと同じでグリーン手前が上りなので

若干強めに打ちましょう。

ピン位置次第では、デッドに狙わず、セーフティにいくことも

検討してみてください。

17hole3dame.jpg

うまく乗せれたら上りが残りやすくパットは比較的簡単です。

18H
18hole1dame.jpg

確実にフェアウェイに落としましょう。

刻んでいく場合は多少のラフは普通ならばおkですが

ここは後述のこともあり危険です。

18hole2dame.jpg

2打目はここに落とします。

途中が崖になっており、1打目にラフなどに入ると、ショットの%に

バラツキがでて最悪OBがあるので注意してください。

フェアウェイから打てればよほど天然ウサカメださないかぎりは乗るので落ち着いて。


18hole3dame.jpg

残り100yちょいの3打目になります。

グリーンの傾斜が厳しいので、デッドに狙うよりは

上りのパットを残すようなイメージで打ちましょう。

下りを残すと非常に危険です。

計算通りのパワーでうっても砂まで転がったり、ラフまで転がったり。

パットの難易度が極端に上がるので、上りを確実に残してください。


最後に2オンを狙う場合

18holekojima.jpg

画像の位置に落とします。

だいたい220y前後。

離れ小島なのでOBと、レガシーの特徴の障害物である

ヘリコプターにきをつけてください。

左からの風の場合ちゃんと見てから打たないとたまに当たります。

当たる=海に落ちてOBとなりますので気を付けてください。

うまいこと乗せれたら、240y前後残ります。

ピン位置にもよりますが+12yを目安に打ちましょう。

うまくいけばベタピンもありますが、

JIをはずすとほぼ間違いなく砂かラフにいきますので集中してJIしてください。



実際にいままでの1~18Hの解説時にまわった私の

スコアボードとラウンドデータです

legascore.jpg
legadata.jpg

スコアはー15で可もなく不可もなくというところでしょうか。

JIが36%程ですのであまりよくありませんね(´Д`;)ヾ

しかし裏を返せば、JIがよくなくても

それをふまえた攻め方を行えばこれくらいのスコアは出るということです。

レガシーは難しいから嫌いというばかりではなく、

難しいならどういうふうに攻めたら少しでもスコアがよくできるか、

難易度を落とせるかを考えていきながらやれば

もっとみんごる自体も面白くなると思います。

食わず嫌いをせずにチャレンジしてみてください(*'-')b

レガシー実践編(13~15H)

先日のアプデによりみんごる6の歴史が動きましたね(´∀`)

フレもすでに4名ほどG2に昇格してる模様。

ちなみに最速はだいちゃんでしたー(´∀`)オメデトー♪


さて、お祭り騒ぎは置いておいて、レガシーいきますよレガシー('Д')

13H
13hole1dame.jpg

右側のせり出した崖に要注意です。

中弾道以下はJIしないとまずあたります。

風とピン位置しだいでJIしてもあたります(´Д`;)ヾ

多少はは目をつむってグリーンオン狙いでもいいでしょう。

13hole2dame.jpg

乗せたところでパットは鬼ラインしか残りませんけど┐(´ー`)┌


14H

14hole1dame.jpg

1打目はRならここに3Wで狙いましょう。

亀ならラフでいいですがウサは砂なので気を付けてください。

14hole2dame.jpg

グリーンがパット見ではわかりにくいですが、相当複雑です。

短いパットすら普通に外れます。

なのでピンをデッドで狙って気合でJIしましょう。

15H
15hole1dame.jpg

1打目は3Wで画像の砂の横あたりに落とすようなイメージがいいでしょう。

300y以上飛ばせてJIに自信あればもうチョイ先のフェアウェイに

落とせてセカンドがグッと楽になりますが。

15hole2dame.jpg

最初の画像の位置あたりからでも残りが170y前後ですので

普通に狙えます。

が、グリーン手前から上りがきつくなっているので

少し強めに打ちましょう。

シャオリンあたりではおそらくJIしてもSBSはかからないので

ランも考慮に入れてショットしてください。

15hole3dame.jpg

うまく乗せることができればパット自体は

極端に難しいということはありませんので、気合でねじ込んじゃいましょう(´∀`)


いよいよ次回でレガシー編ラストです。

もしもっと詳しく聞きたい!という

奇特な方がいればストも実装されたので実際に回りつつ教えます( ゜д゜)ノ

みんごる6アプデVer1.04

真昼間に更新おかしんじゃにのとかいうお叱りはスルーです。

今日から夜勤なだけです( ゜д゜)ノコンニチワ


みんごる6発売から約5か月、

わたしがみんごる6を買ったのは1月なので約4か月。

長かった・・・。長すぎだよバカーーーー!(ノ ゜Д゜)ノ == ┻━┻

ついに大型アプデVer1.04配信キター(´∀`)


(PM14:00現在まだメンテ中です)

以下は続きにて~(ネタバレ含むので楽しみしてる方は見ないで下さい)










続きを読む

レガシー実践編(10~12H)

本日は10~12Hの解説です。

10H
10hole1dame.jpg

1打目は左の小屋があるほうのFWを狙いましょう。

中央のFWは狙いやすくてよさそうに見えますが、

上方のアーチ状の岩肌に当たりやすいのでオススメしないです。

10hole2dame.jpg


*2打目の画像アップ

2打目は相当な打ちおろしになるのでパワー調節に注意なのと

グリーンが奥に傾斜がついており、落としどころによっては

転がりすぎてオーバーすることもありますので

若干弱めに打つ方がいいと思います。


11H目

11hole1dame.jpg


*1打目の画像アップ

ここも極端な打ちおろしなので注意が必要なのと、

打ちおろしだからと言って弱く打ちすぎると、OBが待っているので

若干強めがいいでしょう。

JIしないと奥砂までころがるか、強烈な下りパットが残るので、

パーセーブを心掛けていくといいと思います。

11hole2dame.jpg

12H目

12hole1dame.jpg

1打目は左右どちらのFWでも構いませんがピン位置によって決めるといいでしょう。

池の奥なら別の方とか。

パー4では難しいほうになるHなので無理はしないことをオススメします。

パーで切り抜けられればいいと思います。

12hole2dame.jpg

池の奥にピンがあるときはうまく花道を使うように曲げて攻めるのも手です。

いろいろ工夫をしながらできる難しいけど面白いHですね。

12hole3dame.jpg

パットは上りを残せれば比較的簡単ですが、

下りが残ると非常に難しいので、オーバーしないように注意が必要です。


10Hと11Hの画像はまた後程追加しますヽ(゜ー゜;)ノ

レガシー実践編(7~9H)

本日は7~9H目について解説です~

7H
7hole1dame.jpg

パー3で距離も短く一見簡単なように見えますが

実はこのH難易度が高いです。

画像ではピン位置が左側のほうにありますが、

ピン位置が右側の場合もあり、その際には切り立った崖が立ちはだかります。

弾道が低いキャラの場合曲げないとOBなんてこともありますので注意が必要です。

さらにこのグリーン起伏がすごくてグリーンに乗せても安心できません。

凸がたにグリーンがなっているので手前でスピンが始まると、

ラフや砂まで戻ります。

奥に飛ばすとJIをはずすとほぼ確実にラフまで行くと思います。

最難関コースだけあって簡単には○を取らせないいやらしい作りです。

気合でJIしましょう。

8H
8hole1dame.jpg

8Hはおそらくレガシー18H中最難関といってもいいでしょう。

まず第一にグリーン自体が小さいです。

次に打ちおろしなので風の影響を強く受けます。

グリーンが砂のほうに傾斜がついており転がると砂に入りやすいです。

ストレート系の弾道のキャラが一番攻めやすいと思います。

が、スピンのかからないキャラでは要注意です。

気持ち強めに打って、普段より風の影響を強めにとりましょう。

運よくグリーンに乗れば、上りが残りやすいのでパットは難しいですが

○も狙えます。

9H

9hole1dame.jpg

ここのロングホール◎を取るのはレガシー最難関です。

安全に行くなら刻みましょう。

画像の位置に1打目を落とすのがいいと思います。

5Wもあれば十分届くと思います。

9hole2dame.jpg

グリーンが離れ小島なので飛ばしすぎないように注意してセカンドを打ちましょう。

比較的FWが広いので落ち着いてやれば大丈夫です。

3打目はグリーンまで100y程になると思います。

がグリーンの起伏が非常に激しいので気を抜かないでください。

ピンをデッドに狙う感じで行きましょう。

2mも残ると安心できないくらいのパットになるので気合出してJIしてください。

最後に2オンを狙う場合

9holekojima.jpg

1打目をこちらの小島に打ちます。

300y前後が目安です。

当然1Wを持つことになるのでJI必須です。

ここに乗せることができればピン位置にもよりますが240y程残ると思います。

Wを持つのでキャリーが短くなりますので+15yを目安にして打つようにしましょう。

JIすればグリーンには乗ると思います。

外すと砂かラフ、最悪OBもあり得ますので

どうしてもという場合を除いては○狙いでいいと思います。


レガシー実践編(4~6H)

本日は4H目から~

4hole1dame.jpg

1打目は画像からは醜いですがドッグレックになってる先の砂の横あたりを狙いましょう

このHはロングホールなので無難に○狙いで刻んでもよいのですが、

2オン自体は難しくありませんので攻める前提でお話します

レガシーRですと300yくらいの位置に落とすのがベストです。

画像では3WのPを使用。

これで斜め右下をいれつつかっ飛ばしましょう。

ウサ亀でないならEXをねらってもいいでしょう。

4hole2dame.jpg

2打目を刻む場合は画像の方向に打ちます。

グリーンが離れ小島なので刻む場合はギリギリを狙う必要はありません。

余裕をもって刻みましょう。

4hole2dame_20120504183750.jpg

2オンを狙う場合は画像の2本の木の間を通します。

ピンをデッドに狙うことも可能ですが、ショートした場合確実にOBになりますので、

JIに自信がなければ少し強めに打ちましょう。

オーバーすると砂かラフに止まると思いますが、グリーンが起伏が激しいので

グリーンで止まることも多いと思います。

4hole3dame.jpg

パットは近ければ問題ないですがロンパになった場合、

無理せずカップインを狙わず、2パットで決めるくらいの気持ちで。

下りが残りやすいので注意です。

5H目
5hole1dame.jpg

ここの1打目が難しいです。

画像のように砂の上を超すイメージで打ちます。

96%あたりのパワーで打ちましょう。

アイザックやマックスなら300y以上とばす方法もありますが亀でると

池逝く可能性があるので注意が必要です。

5hole2dame.jpg

1打目をうまくうてると画像の位置あたりに転がって止まります。

ここのグリーンは注意が必要で、グリーンが丘の上にあることです。

なのでキャリーで直接グリーンを捉える必要があります。

手前でキャリーが終わると、確実にラフか最悪池まで戻ります。

なので多少のオーバーは気にせず、気持ち強めを意識しましょう。

5hole3dame.jpg

シャオリンはスピンが弱いのでグリーンを捉えてもコロコロ転がります。

ですがグリーンの傾斜自体はそこまで難しくはありませんので

パットで気合でねじ込みましょう。

6H目
6hole1dame.jpg

1打目は3WのP使用で特に何も考えることはありません。

風向きによって狙い位置を調整して確実にフェアウェイに落としましょう。

6hole2dame.jpg

1打目を上記画像の位置に落とすと、セカンドの残り距離が200y程と長いので

JIを意識しつつ気持ち強めに打ちましょう。

グリーンは手前に下ってるのでショートしやすいので注意。

6hole3dame.jpg

グリーンは結構傾斜が強いように見えるのですが、

上りが残れば意外と曲がらないので注意です。

このHとれると大きいので集中して攻めましょう。

みんごる実践:レガシー編(1~3H)

でわ、実際に私がレガシーを回る際にやっている攻め方を。

あくまで私のやり方ですので中には違う攻め方をしてる方もいると思うので、

参考程度に。

まず条件ですが

レガシーR 18H 使用キャラ:シャオリン 使用ギア:ビグビグ

1H目
1hole1dame.jpg

ティーは5Wを選択。

このHはなぜかフォローの風が吹くことがおおくマックスあたりなら

1オンを狙いに行くのですが、今回は刻んでいく方向で。

4Wの100%で打ってまずFWをキープしましょう。

距離の短いパー4ですので刻んでもそんなに不利はありません。
1hole2dame.jpg

セカンドの残り距離がこのくらいなので、飛ばして砂とかラフよりは

刻んで確実がいいでしょう。

1hole3dame.jpg

ここのグリーンは中央あたりにお椀型になってるので下りが残りやすいので

セカンドは慎重にグリーンの傾斜を見て打ちましょう。

2H目

2hole1dame.jpg

ここは攻め方が分かれるかもですねー。

わたしは5Wで画像の位置あたりを狙って左の砂奥FWに落とします。

2hole2dame.jpg

セカンドはだいたい160y程度ですかね。

ここはグリーンの手前が山になってるので奥目を狙うイメージで

セカンドを打ちましょう。

2hole3dame.jpg

3H目

3hole1dame.jpg

1WでJIできればもうちょい奥も狙えますが

無難に5WでFWの広いところを攻めます。

奥が砂なので飛び過ぎに注意。

3hole2dame.jpg

セカンドはグリーンが手前から奥に下っておりJIしないとコロコロ転がるので、

気合でJIしてSBS狙ってください。

3hole3dame.jpg

SBSがかかっていれば傾斜途中でとまって上りのいいラインが残るので

ねじ込みましょう(´∀`)

スクショ満載なので4H目からはまた次回に~

みんごる基礎知識:パット編

続きましてパット編です。

パットに関しては前記事にも書いたように上りを

残すようにして攻めるようにするといいと思います。

下りはリアルゴルフと同様に難しいです。

パットにおいては丁度パット派強めパット派の方がいます。

弱めは論外です(´・ω・`)ショートしては絶対に入りませんから。

チビカップが好きな人は丁度派、デカカップが好きな人は強め派でしょうか。

個人的には、クルクルパットの可能性もあるので強めで打つことが多いです。

強めの利点としましては
・多少のグリーンの傾斜は無視できる
・クルクルパットでptがつくことがある

丁度の利点は
・強く打ちすぎてカップにけられる確率が減る

あたりですかね(・o・)

人によって違うと思いますがどちらもそんなには悪くないかなと思います。


下りラインが難しいのは、パワーを弱くすることによりグリーンの傾斜の影響を強く受ける

これに尽きるでしょう。

なので上りより曲がる度合いが非常に大きくなります。

難しいコースでこれはスコアメイクに大きな支障がでるのでなるべく

上りを残すほうが良いです。


次回は実際にショットとパットを意識してレガシーを回ってみましょう。

みんごる基礎知識:ショット編

フレがオフラインのレガシーに苦戦しているという情報をもらったので

レガシー以前にまずみんごるにおいて私が

念頭に置いてプレーしていることを書いてみましょう。

まずはショット編です

まず大事なこと

・常に次のショットをイメージして打つ
 たとえばティーショットを何も考えず1Wでかっ飛ばしたとします。
 そすれば確かにセカンドは残り距離が短くなりますが実はライが悪いとか
 うちおろしやうちあげがひどいとかあります。
 それならば多少距離落としても次のショットがいい状態で打てる方がいいです。

・キャリー+ラン=飛距離を理解しよう
 意外と陥りやすいミスがこれかもしれません。
 番手が上がるほど弾道が低くなりその分キャリーの割合が下がり、
 ランの割合が高くなります。
 ピンをデッドに狙う場合これを意識しないと、手前の花道で跳ねて
 ショートしたりグリーンを転がりすぎたてオーバーすることがあります。
 常にどんな弾道でボールが飛ぶかはイメージしましょう。

・パットは下りより上り
 グリーンの起伏は後半コースに行くほど激しくなっており、
 短い距離のパットでも気が抜けなくなってます。
 そのうえで下りが残ってしまうと、パットがさらに難しくなります。
 ピンをデッドに狙えればそれに越したことはありませんが、
 パットを考えて上りが残るように攻めたほうが
 スコアメイクは簡単になると思います。


次回はパット編の予定( ゜д゜)ノ

わいわいがやがや

みんごる6のver1.04アプデ情報は

他のみんごるふぁーさんのブログを参照してください( ゜д゜)ノ

気が向けばまた書きますけどw


さて、先日いつものようにフレとロビーでわいわいしてると

ロビーのほうにやまちゃんが遊びに来てくれたので

なんか大会出ようとなりこんなのにいてきました( ゜д゜)ノ

スクショおおいので続きは以下に


続きを読む

プロフィール

がぶにゃん

Author:がぶにゃん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。